2014/06/07

死を覚悟→V字回復! 1

数日前の猛暑が嘘だったかのように
冷たく激しい雨が降っている関東です。

2週間前ですがジョアンが危険な状態に陥り、死を覚悟するものの奇跡的な回復をとげてくれました!
そして嬉しいことに、ピンポン玉サイズに腫れたリンパの腫瘍もほぼ消えてなくなりました!すごい!
先生も「正直ダメかと思った。生きてることがすごい事」と言ってくれました。本当に夢のようなV字回復です。

ジョアン苦しい中、頑張って闘ってくれてありがとう。
神様、生かしてくれてありがとう。
祈ってくれた仲間にもありがとう。


* * * * * *

2週間前の水曜も今日の雨と同じように、前日までの夏のような気温からガクンと下がって冷たい雨が降っていました。体の小さいワンコ、しかも健康体でないジョアンにとって気温差はこたえるよね…。
急な気温の変化が引き金になったかはわかりませんが、その日を境に
ジョアンに元気が見られなくなり、翌日にはさらに体調が悪化、タダゴトではないと感じて木曜朝イチで腫瘍獣医さんへ。
レントゲンで肺全体が白くモヤがかっていること、呼吸が荒いこと、過呼吸などから、肺炎またはリンパ腫の肺浸潤(ガンの転移)の可能性が考えられると診断を受けました。
この日は肺炎の治療をしてみて改善がみられなければガン浸潤に間違いないだろうとの事でした。
その場合は抗がん剤投与となるけど、ほとんどの薬に薬剤耐性がついてしまってるジョアンに抗がん剤をチョイスすることが出来るんだろうか、たとえ使えてもPLT(血小板)の数がかなり少く貧血も進んでいる状態で投与して大丈夫なんだろうか…と、かなり不安でした。
ちなみに発熱はなく、食欲減退しているものの時間をかけてご飯は完食、弱々しい足取りながらも散歩に行きたがり、うんちは良好。炎症マーカーの数値からどこかしら痛みを伴っているものの、死に直結するほど悪化するとは、この時は感じてませんでした。
ひとまずこの日は夕方まで肺炎の治療をして家に帰りました。


長くなるので、その2に続く。

2014/05/15

悪性リンパ腫2年4ヶ月

ご無沙汰しています。
闘病中のジョアンくん、元気です(^○^)

先週の5/9で悪性リンパ腫と診断されてから2年4ヶ月が経ちました!
2年を越え現在も抗がん剤の延命治療を頑張ってくれています。

最近は薬剤耐性が出来てしまった抗がん剤も多くて一進一退の治療ですが、前向きに頑張るジョアンに飼い主が勇気をもらっています。
心から感謝…ありがとうね!

とはいえ、抗がん剤に対し2月頃から少しずつ薬剤耐性が出始めて、使える薬の選択肢もなくなってきました。
また2年4ヶ月の間に骨髄にじわじわと蓄積された抗がん剤の毒性により、正常細胞が作れなくなってきています。
リンパのシコリも一番肥大している右あごで3.3㎝×2㎝のサイズ、ピンポン玉ぐらいの大きさにまでなってしまった。
それでもジョアンの毎日は食欲モリモリ&お散歩も朝晩1時間半ずつ行きたいと意思表示している。
うん、まだ生きてるパワーを感じる、まだ大丈夫だと気持ちを奮い立たせています。

ここ最近ですが嬉しい変化もありました。
それは2月から悩まされてきた腫瘍性の下痢がストップした事!
下痢止め3種類と乳酸菌を処方されても一向に治る気配はなく逆に悪化する一方の下痢で、主治医からもガンが内蔵に浸潤してきてるから改善はむずかしいと言われ…どーしたもんかと悩みつつも改善方法を考える日々。
そんななか手応えを感じたのが米麹です。麹を発酵させてつくった甘酒を与えたところ効果テキメン!! 麹の酵素のおかげで数ヵ月ぶりに健康的なうんちが戻ってきたー(^^)
なんだか少しだけ報われた気がして、とても嬉しかったです。諦めずによかった!

これからも不安的な日々が続く可能性は高いけど、どうかこれ以上悪化することなく一緒にいられる時間が長く続きますように。
7月の誕生日を生きて迎えることがいま1番の目標です。


オリベ兄貴も元気デスヨ!
ますます仲良くなってるオリベとジョアンです♪